余った時間は何に使おう?収納上手は洗濯上手

ちょっとした工夫でより効率化

常に分別を心掛ける

洗濯するときに分別するのはとても面倒ですし、家族とはいえ着終わった衣類に触れるのはなんとなく抵抗がある方も多くいます。そんな方におすすめの収納術と言えば、1人ひとりや衣類のカテゴリ別に分別ボックスを使う方法です。
あとは洗濯する際にまとめてネットに入れたり、洗い方を決めたりすれば良いので一つひとつ分別する必要はありません。お子さんにも出来る方法なのでお手伝いを兼ねて分別したり、家族に洗濯の大変さを分かってもらったり出来るので家事の効率化を図るにはお勧めの方法です。
この方法を取り入れる場合は出来るだけリズムを作って分別したものを洗濯して下さい。またボックスから溢れるくらい溜めてしまうのは衛生的にもよくありません。

オシャレな収納は目の保養になる

家の中に少しでもおしゃれな空間があるとほっこりしますし、目の保養になると思いませんか?
何も雑誌やモデルハウスの様な生活感の無い家にする必要はありませんが、ちょっとした収納を作る際にも出来る限りオシャレなものを取り入れるとテンションがあがります。脱衣所に収納ボックスを置く際にもバラバラのボックスよりは全て統一して、きっちり詰めておくとすっきりしますしキレイな状態を維持したいと言う気持ちになります。
木のぬくもりを感じられるスタンドやレースやチュールを使ったアンティーク調の布を取り入れると一気にカントリー風になります。生活感を抑えてくれる効果もあるので、やみくもに収納グッズを使うよりもすっきりした印象を与えます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ