収納術で毎日の洗濯物を上手く片付けて効率アップ

余った時間は何に使おう?収納上手は洗濯上手

家事と収納の関係

収納は洗濯物を取り込んでたたむ時だけでは無く、洗濯をしている時から始まっています。干す際に、人別に干せば取り込む時にたたみやすいですし、クローゼットがある場合はそのままイン出来ます。 また生活動線が短くなるので時短にも繋がるのでおすすめです。

たたみ方で収納が決まる

いくら優れた収納術を持っていても、収納するものの管理が出来ていないと意味がありません。 衣類毎のたたみ方はもちろんですが、衣替えの際にどう収納すれば失敗しないかを公開しています。日々のちょっとした効率化で自分の時間がグンと増えるので、今日から試してみましょう。

ちょっとした工夫でより効率化

どうしてもたためない時だったり、子供がいる家庭だったり思う様に収納が出来ない時もあります。 そんな時はちょっとした工夫や手間をかけるだけで、洗濯物を効率よく片付けられます。可愛らしい収納を作れば気分もあがりますし、見た目もすっきりして家が明るくなります。

洗濯の際は人別に干す!

家がごちゃごちゃしていると、掃除どころでは無いですし気持ちも落ち着きません。ある研究データによると乱雑な家で暮らしていると精神的にイライラする傾向にあり、それが慢性化すると人間関係にも悪影響を及ぼす様です。その反面クリエイティブな発想が降りてくるケースが多くなるので、世界的に有名なデザイナーや発明家、事業家の家やデスクは乱雑との事です。
とは言っても自宅が乱雑なのはデメリットが多く、家族がいるなら尚の事です。また自宅が片付いていないと家事がはかどらず効率が落ち、他の作業のパフォーマンスも落ちてしまう事が分かっています。うまく片付けをする為にはモノを収納する場所が必要です。収納は建物の間取りや設備によってある程度決まり、目に見える収納しかない家は生活感が出てしまいます。その為、いかに収納を隠しつつ多くのもモノを隠すかが課題になっています。
ちなみにアナタは「収納をする」と聞いて、何を片づけるとイメージしましたか?調理器具や生活備品など様々なモノがありますが、衣類はこれらの中でも特にスペースが必要とされます。クローゼットやタンスなど、収納は様々ですがこれらの設備をフル活用するにはちょっとしたコツが必要です。
毎日の洗濯物を違った形でアプローチして片づけるだけで、自宅の収納をより活かす事が出来ますし家が広く見えて一石二鳥です。特にお子さんのいる家庭や、収納スペースが少ない家庭は必見の情報になります。